クリック応援お願いします
人気ブログランキングへ

過去にやっていたブログを整理するうえで、せっかくなので当時の記事をこっちに転記しちゃおうって感じの投稿です。
コレは2009/08/19の投稿ですね。
デトロイトメタルシティ(DMC)をレンタルしてきた観たんでした。
この映画は面白かったなー。また観たいかも。

【デトロイト・メタル・シティ(DMC) やっと観た】
数日前なのですが、今更ながらやっと映画デトロイト・メタル・シティ(DMC)をレンタルしてきて観ました。

もっと早く観ておけばよかった。

素晴らしいバカ映画ですね。
大好きです。
今年の私的ランキングNo.1は間違いナシかも。

もともと原作のマンガもギャグマンガだもんね。

殆どの女性はコレで松山ケンイチくんに魅了されるんだろうけど、私はやっぱり松雪泰子さんですわ。あの「やりきってます感」MAXのバカ演技は最高です。序盤で松山くんをヒールで踏みつけ蹴るシーンはフツーにパンツ見えてますが、なんかそんな事もどーでもいい感じなんでしょう。

全編バカ臭がプンプンじゃないですか。

なんですか、あのジーン・シモンズさんは!
凄い人ですよ、あの人。だってスーパー・ロック・スターが本当はこんなクソ作品に出ちゃいけないんですよ。でも出演しちゃってるってのがカッコいいじゃないですか。
そりゃ「笑っていいとも」ゲスト出演した時、楽屋で当時無名のDAIGOの派手衣装を観て「俺なんかが彼より後じゃダメだ、俺のコーナーを先にしろ」って言ったというエピソードも納得ですよ。

いやぁ笑ったー。

大爆笑!

こんな素晴らしい低レベルお下品映画に出演したジーン・シモンズさんに感激だけど、
それより更に凄いのはカジ・ヒデキさんだよね。彼こそ、よくこの描かれ方なのにここまで協力したよな、って事。

カジくんファンはこの映画は最初から最後までムカつきっ放しなんじゃないの?

正直、私もカジくんの曲は時々「痛く感じて」聴けないんだけど、でもメロディーとかは結構好きなんですよ。当然、こうゆうジャンルはあっていいよね。あるべき。
でもこのマンガはメインがデスメタル(というかデスメタル讃歌)って事で、そっち系の音楽をクソ音楽みたいな扱いにしてるのがね、正直、爆笑しつつ、後ろめたさも感じたりして。

そうゆう意味も含めて、一番、漢らしさを感じたのがカジくんです。

いやぁ、本当に素晴らしい映画ですよ。
日本の文化の財産やね。
マジで。

ちなみに最後に我々夫婦だけが大爆笑してしまったエピソードがあります。映画本編とは全く関係ありません。
後半でクラウザーさん扮する松山くんが手の平を出して「ベェ〜、ベェ〜」と声をだすコミカルなシーンがあります。
それをやった瞬間、それまでソファでじっと一緒に観てた愛犬にニコが何故か反応してシュタって前足でリモコンを押しちゃってTV画面がNHKニュースになっちゃいました。その絶妙なタイミングっぷりにニコのエンターテナー性を感じてしまった犬バカ丸だし夫婦は我々の事です。
いやぁでもこのニコにもかなり笑わされたよ。
恐るべし、クラウザーさん。

クリック応援お願いします
人気ブログランキングへ