9/9と9/10に鯖江で行われたCAVASABAでは、本当に大勢のお客様に新作Tシャツ「ヤレバデキルコ」を購入いただきありがとうございました。
準備した分が初日に完売し、その夜に増産したものの、翌日にもほぼ売り切れた状態で、本当に感謝しかありません。

クリック応援お願いします

自分が企画した商品が人気出て凄く売れるって嬉しいですねー。
「また頑張ろう」って気になります。

そんなこんな、私が自分でオリジナルTシャツをシルクスクリーンでプリントしてるって事をなかなか理解してくれない方もいたので、そういえば、という感じで、製版後にその版でのTシャツへのプリント工程をメモ兼ねて貼っておきます。

まず版をハネ上げておき、その版が降りてきそうな位置にTシャツを置きます。
あ、このハネ上げ装置みたいなの、コレは「Tシャツくん」のキットに含まれてますからね。

で、パタンと落とします。この画像は最初の1回目だけど、2回目以降は版にインクついてますから一回パタンと置いたらもうやり直ししない方がいいです。

インクをヘラで取り出しますよ。

そしてそのインクをボトボトっと版の上に落とします。

それをスキージでググーと引いていきます。

こんな感じで版の下の生地にインクを押し出すんですねー。

スキージでインクを押し出しきったらパタンって版をハネ上げると、出来上がりー!

20~30分でインクは乾きます。
手にひっつかないようになったら、低い温度だけどアイロンあてますよ。
熱を加える事インクが生地に入り込むらしいです。

量産する時はこの工程を何度も繰り返しやるだけ。

Tシャツくん持ってる人はこのブログ記事みて「わざわざ記事にする事か?」って思うだろうけど、シルクスクリーンを自宅で出来ると思ってない人には面白いかなーって。
さ、またヤレバデキルコも量産しないと。

クリック応援お願いします