ヤレバデキルコ

機動戦士ガンダム #01を観たハナシ

人気ブログランキング
↑クリック協力お願いします。

私はアニメはジブリ以外は殆ど観ません。
ジブリも好きというよりジブリくらい一般人ウケを狙った作品じゃないと観れないのです。
アニメファン向けって感じのアニメがどうにも苦手で。
ここ20年くらいのアニメのセリフとかアニメ声優さんの声とかが苦手なんですよね。
良い悪いじゃなくて好き嫌いなんで、ちょっと毒吐いたみたいになりましたがご勘弁を。

しかしこのガンダムだけは別で、大好きなんです。

私の世代は小学生の4年だか5年だかくらいの頃にリアルタイムで放送されたのがこのガンダムでした。
いわゆるファーストガンダム。
当時は子供だったんでアニメも大好きで他にもいっぱい観ていましたが、とにかくガンダムはむっちゃくちゃハマったんですよね。
日本サンライズの策略通りにハマって、最初の放映の時はそんなにハマらなかったんですが、ガンプラにハマってそこから再放送のガンダムにどハマりしたんです。
親からたまにもらえるお小遣い、全部ガンプラとプラカラー等の道具に費やしていました。それ以外に殆どお金使ってなかったと思います。

思い入れを語り出すと長くなるのでこれまで。

まずは全43話の第1話から。

ガンダム大地に立つ!!

数あるスペースコロニーの中のサイド7というエリアに住む主人公のアムロレイ達。そしてそこは連邦軍のモビルスーツ開発もしていた。
シャアが作戦の帰りにホワイトベースに気付いて「何かある」ってサイド7のコロニーにザク2体を潜入させる。
「偵察だけよ」って言ってたのにガンダム見つけて「今なら壊せる。そしたら俺、英雄じゃん!」って調子に乗って攻撃し始める。
一般市民も巻き込んで大騒ぎ。たまたま運よく生き延びたアムロの目の前にまたたまたまガンダムのマニュアルが降ってくる。さすが子供向けアニメ。
そしてそのマニュアルを観ながらガンダムを始動させる。起き上がるガンダムにザクのパイロット超ビビるけれど、きっとまだ不慣れだから攻撃しちゃおと迫る。ザクより10倍ビビるアムロだけど天才だからマニュアル見ながらの操作なのにザクを撃破。さすが天才。
でもザクを爆発させちゃってコロニーの外壁も壊して被害拡大。
なんとそれ気付いたアムロはなんともう1体のザクについては操縦席をサーベルで貫いてパイロット瞬殺しての機能停止という神業を披露して事なきを得る。

といった感じ。

とりあえずもうとにかくアムロ天才

ガンダムの性能が凄すぎるという設定にもなっててストーリー的にも辻褄は合わせてますね。

当然このストーリーは知っていたけれど、今回見直した事で「そうやったんやー!」って驚いたポイントがいくつも。

まず、 アムロのお父さん、テムレイが出ているんですよね。忘れてたわー。
後でちょっと残念な症状で出てくるエピソードあるじゃないですか。あれで初めてお父さん登場って思い込んでいました。
そもそもこのモビルスーツ事業「V計画」のリーダーを務めていたっぽいですね。
で、その後で登場するシーンでは、「昔は優秀な科学者だったのに宇宙空間で彷徨っているうちに低酸素症状でちょっと脳に障害が発生しちゃった」という事なんだけど、その宇宙空間に放出される瞬間もこの第1話で描かれているんじゃないですか。
1体目のザクを爆破しちゃってサイド7に穴開けた時にいろんなものが外に吸い出されちゃっててる中でお父さんも宇宙へ。
つまり、アムロがやっちゃってたんじゃん!

残酷すぎでしょ

残酷ついで、というと、私も酷い文章ですが、もう一つすっごい残酷なシーンがありました。
それはアムロの家の隣に住んでいたフラウボウ家族、みんなで非難している途中で爆発に被弾。
アムロとフラウは吹っ飛ばされただけで済んでラッキーだったけれど、振り向いたらフラウの家族は即死してた。

そんな地獄ありますか?

ガンダムは人が死ぬ事が平気な事ではないというのを凄く丁寧に描いてるなーて子供ながらに覚えていたんですけど、でもこんな残酷なエピソードあったんですよね。
忘れてましたわ。

あと、数多いシャアの名言で

認めなくないものだな、自分自身の、若さ故の過ちというものを

もこの第1話で発言されていました。
ちなみにシャアはこのドサクサには直接絡んでいなくてムサイの指令室の中で指示しているだけの登場です。

すっかりオッサンになって、初回から30年以上も経っているけれど、せっかくレンタルDVDとかもあるんだから、もう一回しっかり観直してみようと思ったんですが、忘れてて思い出す事が多くてびっくり。

これからもあらすじは全部知っているとはいえ、観続けるのが楽しみです。

エピローグ的な感じのはずがまぁまぁ残酷すぎてビビった第1話でした。

人気ブログランキング
↑クリック協力お願いします。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です