ボンゴの皮を張り替えたハナシ

人気ブログランキング
↑クリック協力お願いします。

音楽が好きで、でも、演奏ができなくて音痴という言い訳で、バンドとかはできておりません。
けどLIVEはよく行っています。

そんな私、かなり前にJealousGuyのママ”チャオ姐”と、中井”ピカデリー師匠”店長から、誕生日プレゼントでこの「ボンゴ」を貰ったんです。

けど、ある日見たら皮が破れてた。
びっくり。

それ以来あまり遊びで使えていなかったんですよね。

けど勿体ないし、コレ持ってたら、ヘタクソなりに、合わせたりできてたのでずっと直したいなーって思っていたんですね。
けど修理に出すと運送代とかも込みだと「買い換えてもいいんじゃね?」って価格に。

ところがふと先日「通販で皮だけないもんか?」と、サウンドハウスをチェックしたら、あった!
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/49811/

送料とか込みで約2,000円じゃないですか。
で、即購入しました。
けど届くまでに約1.5か月かかりましたけどね。(笑)
サウンドハウスさんたまにこうゆう事あるみたいね。(笑)

私の場合、大小の”大”の方が破れていました。

ひっくり返します。

この足の部分のナットをスパナで思いっきり緩めます。
CPのボンゴは10mmスパナですね。
確かスパナが付属してたけどもうどっかいっちゃった。(笑)

ユルユルにして、本体を上にひっくり返すと、このフック部分が外れます。

そしたらこんな感じで本体から皮が取り外されます。

そしてこの黒いワクから皮を外します。

結構固かったけど、まぁもうコレ捨てるんだしと思ってエイやって力入れたら外れました。

新しい皮はツルんとしています。

なんか、前よりも「向こうが透けてる」んだけど、もしかして皮薄い?
気のせい?
同じメーカーの商品だし一緒だと思うんだけど。
ま、細かい事はいいや。(笑)

で、このさっきの黒い枠にはめ込んだら、さっきと逆でフックをひっかけて裏のネジを締め込んだら元通り。

そういえば、この後の画像を撮り忘れていました。
この画像の時点では枠と皮がユルユルだけどれども、装着してネジ締めたら大丈夫でした。
ちゃんと装着できましたよ。(笑)


ネジ締めているときに何度かパキパキって音してビビったけど、締めるしかないしなとそのまま締めました。
まぁ大丈夫っぽいので、結果オーライで。

またたまにコレで遊んでいきまーす。

人気ブログランキング
↑クリック協力お願いします。

     

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LP M201 Matador Wood Bongos Dark Brown ウッドボンゴ スタンド付きセット
価格:32000円(税込、送料無料) (2019/9/24時点)