ヤレバデキルコ

2019.05.09(木)に日帰り東京一人旅の記録 4

またまた前回エントリーから時間がかなり経ったこのブログですが、ネタ的には同じネタの続きですよ。
書いてる私がもう飽きた。
でも記録を残したいのでしょうがなく書く。
こんなブログ誰が読む?(笑)

飯田橋のカフェでアイスコーヒー飲んだ後、てくてくと歩いて次の目的地に向かったワケですよ。
それがここ。

靖国神社に来た!

もうね、東京行ったら出来たら靖国には参拝したいんです。
戦争の是非とか、右翼とか左翼とか、どーでもいいです!
ただただ戦没者については「ありがとう」って感謝したいの。それだけ。シンプルな感情。

一緒に祀られている人が戦犯だとかなんとかギャーギャー煩いヤツは無視。
戦争賛成してるワケじゃないししたがっているワケでもないし、むしろはっきり戦争反対です。

そういうの切り離してさ、当時は「自分が一人でも多くの敵を殺したら家族が生き延びられる」と本気で信じてた方々がいっぱいいて、その中で散っていった先人に対して、それが自分の血族でなくとも感謝しようよ。
おかげで日本は今は平和ですよ、って。
「日本人の優しさ」ってそうゆうとこでいいじゃん。

今回は飯田橋から歩いていったし、白百合学園の前を通り、靖国の横から入る感じで到着しちゃった。
なのですぐに拝殿です。

靖国神社への参拝はこれまでにもう何度も行ってるんです。
でも今回は久々だったのと、この前に帝釈天で御朱印帳を買ってたし、こちらでも初めて御朱印をいただきました。

で、その後は、敷地内の別の会館へ。

念願の遊就館に入ります。

これまで靖国神社の参拝は何度かしたものの、この遊就館には入った事なかったのです。理由は簡単、開いてる時間に来てなかったから。
今回は自分のプライベート旅行だし、開館時間に間に合わせて行ってみましたよ。

1FエントランスにSL列車が。

しかし私はここで大きなスケジュールミスをしてしまっていた事に気付きました。
17:00までかと思っていたら16:30までだったのです。思い込みってダメです。
私ここに付いたの15:50頃でした。受付で「16:30までですがいいですか?」って確認していただけましたよ。普通ここをじっくり見る人は2~3時間かけているのかな?でも「嫌です」って答えたところで営業時間が伸びるワケでもなし「大丈夫です。入館します。」と答えて中へ。

エスカレーター上がってすぐにお出迎え。

コレ撮って気付いたのですが、館内撮影禁止なんですって!

なのでこの後色々と観たけれど画像なし!
日中戦争や日露戦争や太平洋戦争などの紹介は、いかに日本軍が勇ましかったか、みたいな感じの文章や展示が多かったように感じました。私が戦争反対派だからでしょうか。
ちょっと引き気味に資料を観させてもらいながら駆け足気味に館内をまわりました。
思っていた以上に展示物が多くてびっくり。
これしっかり読んだり観たりしてたら3時間くらい欲しいかも。
ミスったー。

展示ルート途中で撮影OKエリアが突然でてきました。
なるほど、こうゆうの展示エリアはOKなんですね。
カメラはリュックに入れちゃていたので、スマホ撮影です。

こうゆう砲台とか、私はちょっと恐怖を感じちゃうんですよね。
武器フェチとかではないし。

子供の頃はこうゆうの「かっけー!」とか言ってましたよ。普通にね。
でも大人になってこうゆうの間近でみると「怖ぇ~」って思うんです。
私の世代では天安門事件で戦車の前に立ちはだかる市民の映像とかをリアルタイムのニュースで見てましたしね。アレ衝撃でしたよね。コレ観ながらあの最低な映像を思い出しましたよ。

コレとか恐怖以外なにものでもないですよ。
こんなちゃっちい潜水艦とか、気が狂わない方がおかしいです。
でも時代が狂っていたので操縦できてたんでしょうね。

こうゆうのは小松の航空プラザでも見れるんですけどね。

こんな小さなボートに爆薬積んで特攻するんですよ。
普通なら気が狂いますよね。
でも時代が狂っていたので、みんな「自分は死ぬけれどそれにより敵国に大きなダメージを与える事が家族を守る」って信じていたからこそこんなバカな戦術をやっちゃったんですよね。
現物の小ささとか感じて凄く怖くなりました。

そうこうしているうちに閉館時間を伝える館内放送が。
残念。

本当に速足で残りの展示を見ようと踏み込んだブースで足がとまりました。
靖国に祀られている戦没者の写真がいっぱい展示されているんです。
参りました。
手紙とかもいっぱい。
もっと時間があってもっとしっかり見てたら私の心がヤバかったかも。
本当にキツい。
でも日本人はみんなここは訪れた方がいいと思いました。
ほんと、みなさんのおかげで今の日本は平和ですよ。
感謝です。

「もっと時間かけて観たかったー」と思いつつ時間が来てたので遊就館を出ました。

靖国神社の正面に向かって出る事に。
ふりむいて撮影。

ありがとうございました。

地下鉄に向かう途中、武道館の玉ねぎが修理中だったのが見えたので撮影。

遊就館での最後の方が時間なくて駆け足でしっかり観れなかったのに、それでもショックを受けながらも、次の目的地に向かうのでした。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です